弁護士費用

相談

個人の方初回 5,500円
上記以外 11,000円~33,000円
来所していただき、面談での相談となります。

顧問契約

顧問料額(月額) 対応範囲
3万3,000円 相談(回数の制限はなく、電話、メール、ZOOM等によることもできます)
5万5,000円 契約書等の書面やメールのチエックまで含む
8万8,000円~ 契約書等の書面やメールの作成(作成名義は依頼者)まで含む

民事事件一般

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下 8.8% 17.6%
300万円超
3,000万円以下
5.5%+9万円 11%+18万円
3,000万円超
3億円以下
3.3%+69万円 6.6%+138万円
3億円超 2.2%+369万円 4.4%+738万円
訴訟の着手金は33万円からとさせていただきます、その他事案の内容に応じて増減する場合があります。

契約書・遺言書

作成 11万~33万円
チェック 3万3,000円~
契約書・遺言書チエックが、相談時間内に可能な範囲で指摘をさせていただくことのみで足りる場合は、相談料のみで対応いたします。

遺言執行

経済的利益の額 手数料
300万円以下 33万円
300万円超
3,000万円以下
2.2%+24万円
3,000万円超
3億円以下
1.1%+54万円
3億円超 0.55%+204万円

離婚

離婚の段階 着手金 報酬金
調停 33万円~55万 33万円
訴訟 33万円 33万円
上記のほか、経済的利益が発生した場合には、その11%を別途報酬金として加算させていただきます。
離婚協議書作成・チェックのみの場合は、それぞれ契約書作成・チェックの場合に準じます。

債務整理(個人)

債務整理
の種類
着手金 報酬金
任意整理 1社5万5,000円
(2社目から3万3,000円)
なし
破産 33万円~55万円 なし
個人再生 55万円 なし
法人及び個人事業主については、規模、事業継続の有無等を考慮し、別途協議のうえ金額を決めさせていただきます。
過払金を回収した場合には、その22%を別途報酬金として加算させていただきます。

刑事事件(事実を争っていない裁判員裁判対象外の事件)

刑事事件の段階 着手金 報酬金
起訴前
(被疑者段階)
22万円 22万円~44万円
(不起訴の場合のみ発生します)
起訴後
(第一審)
22万円 22万円~44万円
(執行猶予付判決の場合のみ発生します)
否認事件及び裁判員裁判対象事件については、事案の内容に応じて、別途協議のうえ金額を決めさせていただきます。
勾留請求阻止・却下、準抗告認容、勾留取消、保釈許可決定により身柄が解放された場合には、別途報酬金として11万円をいただきます。